企業情報

事業案内

冷凍生地事業

あくまでもおいしさにこだわった妥協しない商品作り

外食事業を通じてご提案したナポリピッツァの大成功を受けて、本格的なナポリピッツァを広く普及していくための冷凍生地の開発をスタートさせました。ナポリピッツァは本当においしいものですが、手作りのナポリピッツァの提供には、生地作りから発酵・成形・焼成と各工程に技術と経験を持ったピッツァ職人(ピッツァイオーロ)が必要です。そうした観点から、このおいしいナポリピッツァを、おいしさを損なわず如何にシステム化するかに取組み、ナポリピッツァ専用冷凍生地玉を完成、一番難しい生地作りを冷凍生地という形で置き換えることが出来るようになり、現在ではピッツァ窯メーカー様との協働によって本格的なナポリピッツァを簡易に提供できるシステムをご提案できるようになっております。

ナポリピッツァ専用冷凍生地玉
ナポリピッツァ専用冷凍生地玉
サルティンボッカN
ピアーダ
NFパニーニ
NFパニーニ

さらに、パニーニ、ピアーダ、ゼッポリーネ、デュラム小麦を原料としたパーネデュエリオなど、イタリアを基軸とした冷凍生地、冷凍パン類を独自に開発しております。
まだアイテム数は少ないものの、独自性のある価値ある商品作りを目指し、これからも1つ1つ開発しご提案を続けてまいります。

このページの先頭へ

冷凍めん事業

冷凍めんの元祖たる誇りを持って

この30年間で飛躍的に伸長した冷凍めん。実は元を辿ると日清製粉が開発し、特許「冷凍めんの製造法(特許第1111099号、特許登録1982年8月31日)」を食品業界に開示、日清製粉の子会社である当社が中心となって冷凍めんを製造販売しながら普及啓蒙に努めてきたという経緯があります。
時代のニーズに合致した冷凍めんは急速に普及し今や食卓に欠かせない存在になっております。当社では冷凍めんの元祖であるという誇りを持ち続けながら、時代の先端を走るべく、現在でも原料である小麦粉を知り尽くした当社ならではの独自性のある冷凍めんのご提案を続けております。小麦粉の風味が豊富な「鄙の辺(ひなのべ)うどん」や、北海道小麦粉を使ったうどんやラーメンなど、日清製粉グループならではの商品も、とてもご好評をいただいております。これからもお客様の声をお聞きしながら、商品作りを進めてまいります。


鄙ノ辺(ひなのべ)うどん
鄙ノ辺(ひなのべ)うどん

このページの先頭へ

小麦粉新素材、穀物素材事業

パン、めん、菓子などの独自価値の創出のために

たかが小麦粉、されど小麦粉・・・、小麦粉はその用途によって実に多くの種類が存在しますが、皆様は焙焼した小麦粉があることをご存知ですか?小麦粉は焙焼することで元々とは全く違った特性を示します。この“香ばしくサラっとした粉『ローストフラワー』”が様々な食品の付加価値作りに役立つことがわかってきております。焼菓子では「香ばしさ、サクっとした口溶けの良い食感」、パンでは「香ばしさ、パリっとしたクラスト」、スープのとろみ付け、カレーやシチューのルー・・・、ローストフラワーの特性が様々な機能を生み出し、その用途は確実に広がっております。まだ私どもも気付いていない新たな機能があるのかもしれません。
このように、小麦粉を何らかの形で加工することによって新たな価値が生み出せることは、案外知られておりません。だからこそ、私どもの存在価値があるのだと思っております。アルファー化小麦粉もそのひとつです。アルファー化澱粉はよく知られておりますが、小麦粉であるからこその違った特長があるのです。

<使用例(ライ麦パン)>
ミッシュブロート

焙焼小麦粉ローストフラワー
焙焼小麦粉
ローストフラワー
アルファー化小麦粉アルファフラワー
アルファー化小麦粉
アルファフラワー
小麦胚芽ハイギー
小麦胚芽
ハイギー
ライ麦粉アーレミッテル
ライ麦粉
アーレミッテル

ライフレーク
ライフレーク
小麦ふすまウィートブラン
小麦ふすま
ウィートブラン
パフ加工品パフ大豆
パフ加工品

また、小麦の一部ではありますが小麦粉ではない部分、すなわち、胚芽やふすまも当社の商品です。そのままですと食味や加工適性の問題で使いにくいものですが、当社では脱脂や焙焼といった加工を適切に組み合わせコントロールすることで、食べやすく使い勝手のよい商品に仕立てております。食に対する健康意識も今後ますます高まってくると思われます。おいしさと健康を兼ねそなえた食品づくりの原材料として是非お役立てください。
その他、各種澱粉、ライ麦粉、オーツ麦、大豆粉、大麦粉、そば粉、米粉、異性化糖など、穀物由来の原料素材を数多く取り揃えております。お客様の多様なニーズに合った商品をご提案してまいりますので、どうぞご用命ください。

このページの先頭へ

調味料事業

さまざまな食品の“味づくり”に

新たな挑戦として始めた事業です。食品にとって欠かせないものでありさまざまなものがある調味料、当社では日清製粉ならではの小麦粉を原料とし、伝統的な醸造製法によって小麦と大豆の旨みを引き出しました。醸造ならではの深い味わいと香り。日清製粉独自の技術から生まれた“業界初”の新しい醸造調味料です。外見は醤油に似ておりますが、うま味成分、こく味成分が豊富で、醤油香を付与せず「うま味、こく味」だけを増強することができますので、さまざまな食品の“味づくり”にご活用いただけます。
もちろん化学調味料は一切無添加の天然調味料ですので、安全安心面も万全です。
和風のだし、つゆ、たれ、ドレッシング、カレーやシチューなどのルー、惣菜、から揚げ、乳製品のうま味・こく味づけ、などなど、その用途は拡大する一方です。
さまざまな活用事例をご提案いたしますので、是非、お役立てください。



NS調味料 NS-2

NS調味料 NS-3

NS調味料 NS-5

このページの先頭へ

こうじむぎ事業

世界に誇る“醤油”を原料からサポート

日本の伝統的な調味料である"醤油"。近年ではその用途の広がりによって、付加価値の高いさまざまな商品づくりが行われております。
「こうじむぎ」はそうした付加価値の高い醤油づくりの原料となる加工小麦です。
高蛋白な小麦粉を原料として、成形加工、蒸煮するという当社独自の製法によって作られる業界初の素材です(特許登録済)。このこうじむぎを醤油原料として使うことによって、

①原料小麦を炒る工程が不要
②旨み成分が豊富な醤油が作れる

などの高いメリットが得られるため、一度お試しいただいたお客様には、その後も長きに渡ってお使いいただいております。
こいくち、うすくち、超うすくちタイプなど、さまざまな商品ラインナップをご用意しておりますので、どうぞご活用ください。

このページの先頭へ

外食事業

本場のナポリピッツァを日本の皆様に

日本中にナポリピッツァを広めたい・・・、本場ナポリで食べたナポリピッツァの感動を日本中に伝えたいとの想いから、2000年にフラッグショップとして「ピッツェリア・パルテノペ広尾店」を立ち上げました。日本におけるナポリピッツァの第一人者である渡辺陽一を社員として迎え、日清製粉の技術力によって原料である専用小麦粉を開発、本場ナポリのナポリピッツァ協会にも多くの指導を賜り、最高においしいナポリピッツァを完成させました。そして日本のお客様に満を持してそのおいしさをご提案したのです。当時はナポリピッツァを提供する外食店は東京にも数軒しかなく、私たち「パルテノペ」にご来店されるお客様もほとんどの方がナポリピッツァ初体験の方ばかりでしたが、その初体験の皆様から多くの絶賛とありがとうの言葉を賜り、店はあっという間に大繁盛、なかなか予約が取れないとの苦情をいただくほどになりました。「やっぱりナポリピッツァは日本の皆様にも喜んでもらえる!」、その後、恵比寿店、品川店を開店し、今でも連日多くのお客様で賑わいを見せております。
ナポリピッツァの特長はなんと言っても生地のおいしさにあります。原料である小麦粉を知り尽くしている当社だからこそ、香ばしく旨みのある生地が完成出来たのだと、誇りを持っております。
今ではナポリピッツァは日本中に広がり、多くのお店が存在しますが、是非一度パルテノペにもご来店いただき、本場のナポリピッツァをご堪能ください!

【直営店舗】

ピッツェリア パルテノペ広尾店

〒106-0047 東京都港区南麻布5-15-25 (地下鉄広尾駅より歩1分)
TEL:03-5798-3355

ピッツェリアトラットリア パルテノペ恵比寿店

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-22-20 (JR恵比寿駅より歩3分)
TEL:03-5791-5663

ピッツェリア ヴィアパルテノペ品川店

〒108-0075 東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビルB1 グランパサージュ2 (JR品川駅より歩5分)
TEL:03-6718-2825

このページの先頭へ

日清製粉グループ

日清製粉会員制お役立ちサイト「e・創食Club」

ピッツェリア パルテノペ

ページの先頭へ